1. TOP
  2. 毛深い女の脱毛方法
  3. 毛深い女が脱毛に成功した方法|2年でツルツルになりました!

毛深い女が脱毛に成功した方法|2年でツルツルになりました!

私は小学生の頃から毛深さにコンプレックスを感じて生きてきました。

でも、脱毛したことで今では異性にも積極的になれるようになり楽しい毎日を送っています。

この記事ではそんな私が2年かけて脱毛に成功した方法をご紹介しています。

私と同じように毛深いというお悩みのある女性は、ぜひご覧になってみてくださいね!

毛深い私がまず最初に試した方法

毛深い私がまず最初に試したのはワックス脱毛です。

ワックス脱毛は値段もお手頃で自分でできるのが魅力的でした。

使い方もとても簡単で専用のワックスをムダ毛の気になる部分に塗ってベリっと剥がすだけ。

永久脱毛のようにずっと毛が生えてこないわけではありませんが、カミソリで剃るよりも長持ちするのでしばらくの間はワックス脱毛を続けていました。

でもしばらく続けているうちに肌が荒れてしまい、ワックスを剥がすときに痛みを感じるようになりました。

そこで次に試したのが家庭用の脱毛器です。

私は毛深い部分を人に見られるのがとても嫌だったので、脱毛のエステやサロンにはどうしても行く気になれませんでした。

そのため自己処理で何とかしようとしたのです。

最初に試した脱毛器は大手の電化製品店で購入した2万円くらいのものでした。

この時に購入したのはローラーで毛を抜いていくタイプのものでした。

毛抜きで1本1本抜くよりは手間がかからず楽でしたが毛が抜けるときの痛みはかなりあります。

また、しばらくすると生えてくるので手入れの頻度はワックス脱毛と同じくらいでした。

学生のうちは時間があったのでこれでも満足していましたが、就職して生活サイクルが変わったことをきっかけに自己処理に疲れ果てもっと良いものがないかと探すようになりました。

光脱毛器は毛深いと効果を実感しやすい

そして次に試してみたのが家庭用の光脱毛器です。

これはフラッシュ脱毛器とも呼ばれているもので、エステサロンなどで導入されている光脱毛と同じような仕組みで脱毛できるタイプのもの。

値段は7万円ほどしたので口コミをいろいろ調べて決めました。

中には家庭用の光脱毛器は効果がないという口コミもありましたが、色々と調べているうちに毛深い人は効果が出やすいということが分かりました。

なぜなら、光脱毛器は黒い色に反応するため毛深い人の方が効果を実感しやすいのです。

私は腕や膝下だけではなく、指の毛や顔の産毛も気になるほど毛深いので試してみる価値は十分あると思いました。

最初のうちは恐る恐る低いレベルで照射していたのでなかなか脱毛できているという実感は持てませんでしたが、しばらく続けているうちに明らかに全体の毛が薄くなってきました。

そこで照射レベルを徐々に上げて試してみたところ、だんだん毛が生えなくなってきて今ではたまにちょろっと生えてきた毛を照射する程度で良くなっています。

光脱毛器を購入してから今の状態になるまでには大体2年くらいかかりました。

ちなみに私は全身に使っていますが、最初から照射レベルを高くして脱毛していたらもう少し早く終わるかもしれません。

家庭用脱毛機の良いところはなんといっても自分のペースで脱毛できることです。

私の友達はエステサロンの脱毛に通っていますがなかなか予約が取れず、今でもまだ通い続けているので使い方次第では家庭用脱毛器の方が早く脱毛終わらせることができると思います。

もちろん個人差はあるとは思いますが、私のように毛深いことがコンプレックスで悩んでいる方なら自宅で使える家庭用の光脱毛器が向いていると思います。

ライター紹介 ライター一覧

nana